ブログ

塗装のタイミング❗️

ベストはいつ?外壁塗装の時期を知る

実は、一般的に使われている外壁塗装用の塗料は現在シリコン系だと言われていますが、シリコン系塗料の耐用年数(効果が持続する期間)は約10年前後しか保てないため、塗料の耐用年数の時期に合わせて、築10年前後が塗り替え目安とされています。

築年数で外壁塗装の時期を知るために、塗料の耐用年数と築年数表を見てみましょう。

 

  • 目安:2~3年  アクリル系塗料
  • 目安:5~7年  ウレタン系塗料
  • 目安:7~12年 シリコン系塗料
  • 目安:8~13年 ラジカル系塗料
  • 目安:10~15年 フッ素系塗料
  • 目安:15~20年 無機系塗料
  • 目安:15~20年 遮熱系塗料

 

ベストはいつ?外壁塗装の季節を知る

 外壁塗装における季節ごとのメリット・デメリット

 *春

  • メリット:気温・湿度ともに安定しています。
  • デメリット:春雨前線により雨となる可能性があります。

  *梅雨

  • メリット:業者の予約がとりやすく、金額が安価になる可能性があります(この時期を避ける人が多いため)。
  • デメリット:梅雨前線による長雨の可能性があります。

  *夏

  • メリット:晴れの日が多くなります。
  • デメリット:台風・ゲリラ豪雨が通過する可能性があります。また、塗装工事中は窓を開けられないため、エアコンが欠かせないでしょう。

  *秋

  • メリット:気温、湿度ともに安定しています。
  • デメリット:秋雨前線・台風により雨となる可能性があります。

  *冬

  • メリット:降雪地域以外は湿度が低くなります。
  • デメリット:凍結・降雪の可能性があります。

 

コストに注目して選ぶという方法も有効です。業者への受注数が減る「梅雨の時期」であれば提示価格が安くなるため、安い金額で塗装工事ができる可能性があります。「外壁塗装をしたいけれど、費用面が気になる」という人は、梅雨の時期も選択肢に入れてみましょう

 

最後にキャンペーンのお知らせです

3月のキャンペーンといたしまして、
3月中に工事を依頼されたお客様「カラーベスト屋根」
屋根板金の釘を樹脂パッキン釘に無料で交換させて頂きます。
 
近年、大型台風や突風が多く、カラーベスト屋根の棟板金が飛ばされてしまうことが多い理由は、
板金を止めている、釘の経年劣化によるものです、これを劣化しづらい樹脂性のパッキン釘に交換することで、しっかりとした強度を保つ事ができます。

 

 

 

 


こちらでは当社からのお知らせを更新いたします

今後こちらでは、臨時休業やキャンペーンのご案内など、当社からのお知らせを更新いたします。


こちらでは施工事例を更新いたします

今後こちらでは、実際に当社で行った施工の事例を更新いたします。
ビフォーアフターや職人の作業風景を掲載予定ですので、ぜひご依頼の参考にご覧ください。


12